忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/09/26 01:33 |
映画11本

洋画9本、邦画2本。
劇場2本(ギャツビー、キス我慢)、あとはテレビ。

告発のとき 77

実際の事件をモデルにしており、オチを知っていたのが個人的にマイナス要素。
でもダヴィデ王の例え話は上手かった。
ポール・ハギス、いいなぁ。
でもクラッシュの方が好き。
あと、告発のときで彼が惨殺された現場って、クラッシュであの人が殺された場所と同じロケ場所じゃない?

沈黙の聖戦 64
あの呪術師なんだよw 唐突すぎるだろw

ウブメの夏 62

ブラック・ウォーター 65
パニック映画にしては小奇麗にまとまってる。ノンフィクションベース。
完成度は高めだけど、「この映画大好き」って人は中々出てこないんじゃないかな。

華麗なるギャツビー 78
パーティーシーンが超上がる。
大音量で見られたのは、映画館ならではの面白さ要素のひとつだった。
家で観ても、音量的な制約がでてくる可能性があるかな。
ギャツビー好き。
町山さんの「たまむすび」での解説は、聴いた方が面白く観れると思う。
要約すると、
・米国でもっとも優れた小説ベスト10に入る作品。
・1910年ごろ、米国がバブルで浮かれてたころの、ノンフィクションベースの小説。
・作者は実体験を基にしたこの小説で大ブレイクするが、売れたのはこの1本のみ。
・今まで数回映画化されてるが、すべてこけている。理由はバッドエンドだから。
・偽りの金持ちであるギャツビーは、300年しか歴史のない、数世代前の先祖は農民や開拓民だった米国国民の象徴。
ということだったと思う。
ギャツビー好き。

メガシャークVSクロコザウルス 20

ゾンビランド 83
ゾンビ映画史上、TOPレベルに好き。
あの終わり方も逆に斬新だと思った。

ロビンソン・クルーソー(96年) 60
島でのサバイバル生活よりも出会った原住民との生活が主軸。
最初と最後にちょろっと出てくるだけの航海日誌を小説にした作家の伝記みたいな終わり方で、「あん?」って思った。

アイ、ロボット 65
普通。

監獄島 52
よくある、犯罪者の無人島バトルロワイヤル物。
普通。

ヒドラ 21
頑張ってた。

ゴッドタン キス我慢選手権ザ・ムービー 74
面白い。けど、まあアドリブだなって感じ。
ひとりさん流石です。
テレビのスケール超でかい版だから、そんなに言えることはない。

PR

2013/07/11 22:22 | Comments(0) | レビュー

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<映画12本。 | HOME | 映画11本>>
忍者ブログ[PR]