忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/01/22 05:16 |
映画7本

洋画4本、邦画2本、アニメ1本。
劇場2本(タイムスクープハンター、クロニクル)


サハラ 死の砂漠を脱出せよ 65

ガッチャマン(アニメ映画) 60
当時は超シリアス・バイオレンスアニメだったと後に知ったんですが、
今の基準で見ると「こいつら馬鹿なんだな…」って感じた。

劇場版タイムスクープハンター 65
劇場版だからって肩の力入りすぎ。
途中の80年代と戦時中のワープがわちゃわちゃしすぎ。無駄やツッコミどころや描き不足が超多数。
安土城での撃ち合いからの終盤の盛り上がりも欠ける。
あの予算、あの人数、あの規模でも、脚本次第でもっと盛り上がる展開が考えられた。
あの終わり方も脚本段階では「シャレオツな終わり方」だと思ってたのかも知れないけど、実際映像にすると色々酷い。
頑張ってたところもあったけど、中の中かな。

*着信アリ 70

ザ・ハンティング 53

サイレントワールド2012 49

クロニクル 92
最高やで。
全ての映像が「劇中に登場するカメラの視点」のみで描かれるタイプのモキュメンタリー超能力バトル。
入り込んで観れたので、彼らの実在感と臨場感がハンパなかった。
始めは小さな超能力の目覚めから始まって、やがて力が強くなっていく感じも「本当に起こってる感」がすごい。
そして、登場人物の暴走からの仲間割れ・超能力バトルは戦いの規模も含めて指摘の通り、大友克洋っぽい。
個人的にはクライマックスのゴング代わりになる車が浮くシーンが臨場感すごくて超好き。
ま、要は最高の映画やで。
超能力バトル好きは全員観た方がいいし、大友克洋好きも少年漫画好きも全員観た方がいい。
2週間限定の1000円均一映画だしね。


↓まとめ
http://toujin.blog.shinobi.jp/%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC/%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%97%E5%B9%B4%E4%BB%A5%E9%99%8D%E3%81%90%E3%82%89%E3%81%84%E3%81%A7%E8%A6%8B%E3%81%9F%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81

PR

2013/09/29 00:40 | Comments(0) | レビュー

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<映画14本 | HOME | 映画12本。>>
忍者ブログ[PR]