忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/10/23 05:33 |
漫画3本と映画1本の感想。
太平洋の奇跡

思ってたほどではなかったけどまあまあ面白かった。

第2次大戦映画としては珍しくサイパンのゲリラ戦限定と言うこともあり、
日本優勢のアレだっていうから見に行ったんだけど、
130分の映画でドンパチやってたのは最初の1時間ぐらいで、
残りの1時間は戦闘がちょこっとしかなかった。


主人公の大場栄大尉は元々地理の教師ということで地形を生かした戦闘で姿も見せずに戦ってフォックスと恐れられたということだったけど、
そう言う描写が3回しかないのがちょっと物足りない。

一応史実に基づいてるらしいけどそんなもんなのかな?

宣伝番組を先に見てたから見に行ってたんだけど、それによるネタバレもちょくちょくあったりした。

映画ではかかれなかったけど、ご本人は96年ぐらいまでご存命だったらしい。

69点。



ジャンプSQコミックセレクション Vol.3
さよならも言わずに
ヴィンランド・サ・ガ 1~9

今日1日読み倒してた。


*ジャンプSQ
要は新人の読みきり集。
1巻は持ってないけど、ひょっとしたら代アニの先生のヤツが載ってるかもと思いつつ店頭ではもう見かけないので買ってない。

さすがジャンプなだけあって、載ってる読みきり5本のうち2本が
15歳と16歳の作品。

一番年上でも83年生まれ。

「コレは面白い」
と思った作品も、16歳と27歳の2作品。
もぉ脱帽ですわ。
ネタでは16歳の勝ち。
精錬さでは27歳が上。

畜生、上を見たって仕方ねえな。やれることをやらな。



*さよならも言わずに
亡くなった奥さんとその後1年間の作者をめぐるノンフィクション漫画。
分かるけど、祖父祖母ぐらいしかなくなったことの無い俺にはまだそこまで感情移入することもできなかった。
なんかあったときに読み返す。



*ヴィンランド・サ・ガ
いわずと知れたプラネテスの作者が今描いてるやつ。
いや、俺が感想描くまでもねえだろ。

すげー。そして面白れー。

そんだけ。
 
PR

2011/02/15 01:03 | Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<やらおんと東京闇虫 | HOME | 眠い>>
忍者ブログ[PR]