忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2019/07/17 07:29 |
H×Hファントムルージュ見てきた
0巻欲しさに。

※バレ注意

H×H 他、
13人の刺客 
平成ガメラ1 
ガメラ2   
ガメラ3   
アウトレイジビヨンド 
リトル ミス サンシャイン 
ローグアサシン  
ペイルライダー 
ガントレット 
カイジ2   
一撃   
エヴァQ
ディアボロス
沈黙の鎮魂歌
スペル

をレビューに加えました。
http://toujin.blog.shinobi.jp/Entry/113/






冒頭、飛行船のシーンはゴンとキルアの関係性を教えるにはいいけど、CAが凍りつくぐらいすべってる。
あと日テレ版のH×Hは普段からわざと腐向けにホモホモしく作りすぎ。

最初のレオリオとクラピカVSパイロの戦闘シーン、何でカットしたの?
予算の都合かな。

パイロの声、この棒読み野郎は誰だと思ったら川島海荷だった。
声優に上手くもないアイドルを使うっていう、所詮その程度のアニメって事ねって感じ。

藤木直人さんは別に違和感無かった。

こんな感じで序盤は酷かったけど、中盤はまあまあ良かった。

でも全体的にモノローグ多目でテンポが悪い。
モノローグの主は大体キルアで、全体を4部に分けるとしたら、3部の主人公は完全にキルア。

そして謎だった時系列も完全に分からなくなる。
ゴン・キルアの能力的には恐らくG・Iでビスケに「流」を軽く教わったあたりだと思われる。

そして敵のオモカゲの能力が謎。
死体を操る操作系かと思いきや、
その人形は死んでも消えないけど、自分の体には取り込めるし他人の記憶から具現化させられるので具現化系?
てゆーか相手の眼球・または記憶から作り出すって事はパクノダみたいな力もあるのかと思いきや、作り出した人形の全能力を使えるから団長のスキルハンターよりも圧倒的に強いし、作り出した全人形が元の人間と同じ能力が使えてる時点で完全にエンペラータイムも入ってるし。
人間をあんな簡単にリアルに具現化してたらコルトピのギャラリーフェイクは?って話だし。
具現化させた団長がスキルハンターでインドアフィッシュ使ってるのも意味不明だし。

そして
“旅団の戦闘向きメンバー全員を具現化して身体から離れた場所でも遠隔(オート・命令可能)操作して、一人ひとりが『本人よりはちょっと弱い』ぐらいの力を引き出せる”

っていう『主人公達への試練』ってだけで作られた完全に世界観とパワーバランス無視の超絶最強能力。
酷い。

子供向けだけど子供だまし映画。

23点で。
(ストーリー58点、話の綻び-10点、原作無視の設定-25点。
PR

2013/01/13 01:33 | Comments(0) | レビュー

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<007スカイフォール観た | HOME | 1日に映画3本をハシゴした。>>
忍者ブログ[PR]